ウーマン

通販サイトを選ぶポイント

トラック

商品が届くまでの時間

通販サイトが増える中、いかに発注者に早く商品を届けるかがサービスの違いになっています。注文があった当日に届くのか、翌日に届くのか、それとも1週間程度かかるのかは発注者にとっては重要なポイントです。わざわざ商品を買いに行きたくないから通販サイトで購入している人も大出の、速やかに商品が手元に届かないのであれば、通販サイトを利用する意味がないといっても過言ではありません。大手メーカーなどのオンラインショップでは、まだまだ商品が届くのに2〜3日かかるのが一般的ですが、通販サイトの中には当日配送という考え方が広まりつつあります。当日配送とは、発注者から注文があったその日のうちに通販サイトの倉庫から配送業者に渡すことを言います。配送業者はその日のうちに仕分けを行ってしまいますので、翌日か翌々日には発注者のもとに商品が届くことになります。メーカーや小売店が直接配送作業を行わない限り、商品が注文したその日に到着する当日配達を行うことは不可能ですので、実質的に当日配送は最短での商品の配達になります。通販サイトにとっては、商品の在庫をいかに素早く配送業者に渡すことができるかがポイントになります。通販サイトで商品を選ぶ場合に、当日配送ができるどうかは大きなポイントですから、可能な限り当日配送を行いたいと通販サイトは考えていますが、配送業者との連携は簡単ではありません。商品の速やかな出荷のためには在庫管理も大切ですし、在庫をピックアップするシステムも重要になります。